人気ブログランキング |

INCISIONE Ⅱ 洋彫り(2)

INCISIONE Ⅱ 洋彫り(2)_e0131432_1125124.jpg
最近のインチジオーネの練習作品。

センターの貴石は、アイオライト。

「・・・(てんてん)」となっている部分は「ミルグレイン」仕上げ。

リング表面、側面にも「彫り」をいれてありいます。



INCISIONE Ⅱ 洋彫り(2)_e0131432_11251028.jpg
リングの底部分には、こんな仕上げ。

チョコレートの包み紙のような表面。

日々勉強。
Commented by felice_hk at 2010-06-03 18:25
ヨーロッパのアンティークみたいで素敵!
チョコレートの包み紙という例えが絶妙な仕上げですね。
またまた進化してますね。私もブラッシュアップがんばろうっと。
Commented by psyuxe at 2010-06-05 10:26
リングの中の密度が高く、制作していて新鮮&楽しいです!
ヨーロッパの方々は、貴金属加工の歴史が長く、
「キラキラ☆」の引き出しを沢山持っていて勉強になります。
「チョコレートの包み紙」仕上げは、
「フローリンティン」と言うそうです←昨日聞きました(笑)
この仕上げをするときの感覚は、まるで、
非常に細かいトコロテンを押し出すようで、とても楽しいです♪
by psyuxe | 2010-06-03 11:35 | 日常の些細なこと | Comments(2)

ジュエリーデザイナーの日常と風景