形状は道具に依存する

e0131432_16405441.jpg

はっきりとしない梅雨空。

湿度は高いのに、雨は降らず、少し重たい空気。

Bill Evansのアルバムを何枚か聴きながら制作。

当たり前かもしれませんが、使用する道具によってカタチが決まる。

ということにふと気づく。

写真は1.0mmと1.1mmのラウンドバー。

リューターの先端につけて使用する工具のひとつ。

1.0mmなら1.0mmの丸い窪みを、

1.1mmなら1.1mmの丸い窪みを作ることができる。

思い描いたカタチに合わせて道具を選ぶ。

道具のカタチに合わせてカタチを考える。

最終的なカタチにたどりつくのなら、どちらでも構わない。

誰も作ったことのないデザインは、誰も使ったことのない道具から生まれるのかも・・・

と思ったりする、5月の終わり。
[PR]
Commented by orion0716 at 2013-05-31 17:43
深い、、ですね。
誰も使ったことがない道具で作る新しいデザインみて見たいです。
五月もpsyuxeさんの素敵なブログを堪能させて頂きました!
Commented by psyuxe at 2013-05-31 18:01
sasugaさん こんにちは♪
ちょっと硬い文章になってしまったかと(^_^;)
でも、道具から考えるってやってみたくて、いつか作品にしてみたいですね。
いつも拝見くださり誠にありがとうございます。
僕もsasugaさんのブログを読んでチカラいただいてます☆
Commented by tekkoku-ya at 2013-06-01 00:15
ほんと、深いですね・・・。
Commented by psyuxe at 2013-06-01 09:34
三井さん おはようございます♪
ちょっと違うかもしれませんが、先日のハンマーのブログ
に触発されて思ったのですよ(^_^;)
実は、ブログにとても影響されてます(笑)
by psyuxe | 2013-05-31 17:03 | オリジナルジュエリー     | Comments(4)

ジュエリーデザイナーの日常と風景