人気ブログランキング |

過去の気配

過去の気配_e0131432_1475243.jpg
一ヶ月ほど前にお客様からお預かりした指輪です。
お祖母様からお譲り受けたそうです。
今回、留めてある石を外すこととなりました。

実際に外してみると、
表面から見た時には気づきませんでしたが、

過去の気配_e0131432_148060.jpg

石を裏返して見てみると・・・

過去の気配_e0131432_1481178.jpg

何か、凹んでいる部分が見えます。
実はこちらの石、もともとは「球体」だったと考えられます。
球体の石に貫通した穴をあけるとき、今では機械であけるかもしれませんが、
昔は職人が左右から手で少しずつ彫っていき、両方の穴をつなげたのです。
こちらの技法、思っているよりもとても難しいため、左右で弱冠ズレが生じます。
その跡がこのようなカタチで見ることができました。

もしかしたら、遠い昔、もともと簪(かんざし)か帯留めに留められていた球体の石を
持ち主のお祖母さまとジュエリー職人の方が話し合って、
新しく指輪にリフォームされたのかもしれませんね♪

ちいさな石の断面からも、過去のひとびとの気配を感じることができます。
Commented by nendobu at 2013-12-09 12:16
面白いですね!面白いと言うより・・奥深い。
Commented by psyuxe at 2013-12-09 15:18
nendobuさん こんにちは。
昔の職人さんの仕事を見ることは、なかなか面白いですよ♪
一番上の写真の透かし模様も、ドリルで穴をあけて、
そこから糸鋸の鋸刃を入れてでラインを入れていて、
なるほど~って感じです☆
by psyuxe | 2013-12-08 14:29 | ordermade その他 | Comments(2)

ジュエリーデザイナーの日常と風景