黄金色の水面

e0131432_17301684.jpg

何処からか 音も無く その船は やってきて 当たり前のように 彼を乗せた

欲もなく せっかちな人だから 特に行先も聞かず 笑顔で乗り込んだのだろう

誰に手を振るでもなく 手を振られることもなく

e0131432_17302279.jpg


とにかく暑い 夏のある日のことである

いつかは 誰もが乗るであろう その船の行く先を

僕らはまだ 知らない




[PR]
by psyuxe | 2016-10-05 17:39 | 日常の些細なこと

ジュエリーデザイナーの日常と風景