cotorito (コトリト) London Blue Topaz

e0131432_12362950.jpg今回は、ご好評の
cotorito (コトリト) について

この作品は、
身につけた人それぞれが、
それぞれの物語を描けるような
作品を作りたい。
というところから生まれました。

身につける人の洋服であったり、
髪型であったり、雰囲気だったり。
そんな要素と組み合わせることで、
ジュエリー(アクセサリーも)は
生き生きとしてきます。

そこで、、
「小鳥と・・・」の、
「・・・」の部分を大事にしたい
と思い、この名前になりました。

通常、プシュケーのオリジナルコレクションでは、無色透明の水晶を使用しています。
※ [psyuxe] website 参照

そして、右上のPHOTO。

こちらは、お客様からオーダーいただいたものです。
ご結婚される方へのプレゼントということで、「青色の貴石を使用したい」というところから
「ロンドンブルートパーズ」をお選びいただきました。

深みのある、落ち着いた青色の透明石を使用することで、
青空のようなイメージにも見えてきます。
[PR]
by psyuxe | 2008-04-26 13:07 | オリジナルジュエリー     | Comments(0)

ジュエリーデザイナーの日常と風景