カテゴリ:オリジナルジュエリー    ( 76 )

chou chou musubi 蝶々結び

e0131432_1612421.jpg

「蝶々結び」

いつも、なんとなく自然に選んで通る道。
最短コースというわけでもなく、
景色が好きだからなのか、人が少なくて静かだからなのか、
自分で意識するわけでもなく選んで通る道があります。

実は、蝶にもそんな道があり、
「蝶道(ちょうどう)」と呼ばれているそうです。

季節や時間帯で、わずかに移り変わる「蝶の道」を通り抜けて、
偶然出会った2羽の蝶たちの姿と、
私達、人間の出会いが重なって見えるような気がしました。

この作品は、そんな人と人との出会いを
ほどけない「蝶々結び」として表現しました。

K18YG イエローゴールド
Diamond ダイヤモンド
チェーン 45cm
※フリー・アジャスター付き (自由に長さを調節できます)
¥33,600 (税込み)


e0131432_1614756.jpg

Silver925 スターリングシルバー (※ロジウムコーティング)
Diamond ダイヤモンド
チェーン 40cm
¥15,750 (税込み)
[PR]
by psyuxe | 2008-12-14 06:37 | オリジナルジュエリー     | Comments(2)

e0131432_774241.jpg
ご出産の贈り物。
赤ちゃんだけじゃなく、がんばったお母さんへの贈り物。
鳥モチーフのアクセサリーを探していたお友達への
プレゼントとして制作させていただきました。

様々な色彩のある誕生石のトルマリンを
色とりどりにちりばめることによって、
温かみのある「コトリト」になりました。

素敵なお友達ですね!
プシュケーの作品を選んでいただき光栄です!
[PR]
by psyuxe | 2008-11-30 07:34 | オリジナルジュエリー     | Comments(2)

point du jour

e0131432_1120417.jpg「ポワン・ドゥ・ジュール」

とは、

フランス語で

「夜明け」

という意味。



ホワイトゴールドを

「夜」

イエローゴールドを

「昼」

のイメージで、



これからずっと、

お二人で重ねていく日々を、

「リング」

という

「かたち」

で表現しました。



指輪の真ん中、

ちょうど「夜」と「昼」の境目には、

お二人の旅立ちの

「朝」

をイメージして、

ちいさな

ダイヤモンドを

ひとつ、

留めてあります。


ひとそれぞれ個人差はあるかと思いますが、

ご結婚されるとき、

少なからず

「決意」

されるかと思います。


そのときの気持ちを、

一粒のダイヤモンドを見るたびに、

ほんのすこしでも思い出していただけたらなぁ・・・

と思います。


e0131432_11213028.jpg

[PR]
by psyuxe | 2008-10-01 11:22 | オリジナルジュエリー     | Comments(4)

e0131432_16234554.jpg私がブログを書くのは、本当に久しぶりです(笑)。
新作の、「soda pop」のペンダント。
ソーダ水の泡が、シュワシュワとまぁるく集まる様子を
軽やかなペンダントに仕立てました。

私は、背骨が曲がっているせいか、
ペンダントを身に着けていると、
すぐに後ろの金具が前にきてしまいます(笑)
それが苦手で。。。
だから、「cotorito」も「soda pop」も、
中央のヘッドとチェーンを固定してあります。
こうすると、ヘッドの重みで、
自然にいつも体の真ん中におさまりますし、
金具もずっと背中側で留まっていてくれます。

完成してから3日間は、試着。
子供達と公園へ行っても、お買い物へ行っても、ドライブしても、
きちんと、ヘッドが真ん中にあることを確認してから(笑)
作品としてアップしています。

そうそう、これからは、汗ばむ季節。
シルバーのペンダントは、直接お肌にふれるため、
黒くなりやすくなります。
そこで、1日の終わりに、ちょっと台所用洗剤で
優しくこすってあげ、水洗いし、最後にしっかりティッシュなどで水分をふきとれば、
いつでも綺麗なキラキラとしたシルバーです!

私は、何年もこの方法で、特にお手入れしなくても
ずっと綺麗なシルバーを保っています。
特別な薬品を使ったりしなくてもいいですよ。
もちろん、手に負えないときは、いつでもどうぞ!
プシュケーの作品であれば、無料で新品仕上げいたします。
いつでも、綺麗なジュエリーを身に着けたいですよね!
[PR]
by psyuxe | 2008-06-11 16:21 | オリジナルジュエリー     | Comments(4)

e0131432_12362950.jpg今回は、ご好評の
cotorito (コトリト) について

この作品は、
身につけた人それぞれが、
それぞれの物語を描けるような
作品を作りたい。
というところから生まれました。

身につける人の洋服であったり、
髪型であったり、雰囲気だったり。
そんな要素と組み合わせることで、
ジュエリー(アクセサリーも)は
生き生きとしてきます。

そこで、、
「小鳥と・・・」の、
「・・・」の部分を大事にしたい
と思い、この名前になりました。

通常、プシュケーのオリジナルコレクションでは、無色透明の水晶を使用しています。
※ [psyuxe] website 参照

そして、右上のPHOTO。

こちらは、お客様からオーダーいただいたものです。
ご結婚される方へのプレゼントということで、「青色の貴石を使用したい」というところから
「ロンドンブルートパーズ」をお選びいただきました。

深みのある、落ち着いた青色の透明石を使用することで、
青空のようなイメージにも見えてきます。
[PR]
by psyuxe | 2008-04-26 13:07 | オリジナルジュエリー     | Comments(0)

e0131432_11295542.jpgプシュケーの記念すべき最初の作品は、
右の写真の[flower]です。

この作品のデザインは、
まだ企業デザイナーだったころに生まれました。

コンセプトは、
「身に着けたときだけでなく、
置いたときにも美しいデザイン」


e0131432_1130989.jpgジュエリーボックスやトレーなどに、
ジュエリーがジャラジャラっと
置かれている姿を見て、

「どこにでも置ける」「置いたときにもきれい」
そんなジュエリーがあったらいいなぁ・・・
と考えたことがきっかけです。

フォルムは、「シンプルで柔らかすぎず、凛とした印象」
を大事に制作しております。

最初の発表から7年、
気になる点をその都度修正し、今のかたちとなっています。

今もプシュケーを代表するロングセラーの作品です。


[PR]
by psyuxe | 2008-03-06 11:42 | オリジナルジュエリー     | Comments(0)

ジュエリーデザイナーの日常と風景