バロックパールのピアス

e0131432_11295545.jpg

いびつなところこそ、ふたつとない個性。

PIERCED ピアス
Baroque Pearl バロックパール
K14GF ゴールドフィルド
SOLD OUT


[PR]
by psyuxe | 2016-09-29 11:40 | オリジナルジュエリー     | Comments(0)

e0131432_15163267.jpg

雨の降りだした半田市。シャトルバスに乗って今度は「半田赤レンガ建物」にやってきました。

外観もさることながら、屋内の展示空間は、まるでロマネスクの修道院のような印象
(実際に行ったことはありませんが・・・)。
※建物内は写真撮影禁止でした。

e0131432_15164689.jpg

「勝って兜の緒を締めよ」という言葉が由来の「カブトビール」。

その製造工場として半田赤レンガ建物は誕生したのだそうです。

カフェでひと休み♪(また写真撮影忘れる・・・)

e0131432_15181378.jpg

外壁には、戦時中の銃弾跡が、生々しく残っていました。

e0131432_15181814.jpg

そこから歩道橋を渡り「紺屋街道」を散策します。

地面に伸びる、黄土色の帯をたどって行くので、道に迷うことがありません。

e0131432_15182545.jpg

ノスタルジックな街並みです。

e0131432_15183013.jpg

半田運河沿いを歩いて行きます。

e0131432_15183662.jpg

黒板張りの建物が多く並んでいます。

e0131432_15184313.jpg

ザクロの実がなっていますね^^; ※コメント欄参照

e0131432_15184998.jpg

さあ、次の目的地に着きました♪

つづく




シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!
[PR]
by psyuxe | 2016-09-25 15:57 | | Comments(2)

e0131432_22095270.jpg

愛知県半田市へ家族で日帰り旅行に行ってきました。

e0131432_22103849.jpg

車を臨時駐車場に停めて、レトロな内装のシャトルバスに乗ります。

e0131432_22104306.jpg

最初の目的地は、新見南吉(にいみなんきち)記念館。

国語の教科書でもおなじみの「ごんぎつね」や「手袋を買いに」の作者で、ここ半田市のご出身なのだそうです。

e0131432_22105075.jpg

黒板の絵は、名古屋学芸大学の学生さんが描いてくれたものなのだそうです。

展示会場で「ごんぎつね」の映像を観たのですが、こんな物語だったのですね・・・

e0131432_22105500.jpg

一人一枚500円で、半田市のカフェやお菓子屋さんのおすすめスイーツ3点と交換できるチケットを購入。

まずは記念館のカフェで、ミルクジェラートをいただきます♪

e0131432_22110355.jpg

道を挟んで矢勝川堤に続く道を歩きます。

e0131432_22111114.jpg

この日は、まだ五分咲きということですが、多くの彼岸花が咲いています。

e0131432_22111768.jpg

所々に白い彼岸花も咲いていました。

e0131432_22112515.jpg

緑に映える赤色を見ると、急に秋を感じますね。

e0131432_22113130.jpg

傾斜面を赤色の絨毯が彩ります。

e0131432_22114296.jpg

ぽつぽつと雨が降り出したので、川沿いの散歩は断念。再びシャトルバスに乗ります。

つづく






シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット!
[PR]
by psyuxe | 2016-09-22 11:17 | | Comments(0)

君の名は。

e0131432_16350417.jpg

台風が来るということで、嫁さんと映画を見に行く。
娘ちゃんたちと行かなくてよかった(長女は既に鑑賞済みでした)。
映画館が暗くてよかった。
おじさん泣いちゃった。
おうちに帰って、長女から小説を借りて、読む。
(写真は角フェスの限定ブックカバーとのこと)
映画も本もお勧めです。




[PR]
by psyuxe | 2016-09-20 16:48 | | Comments(2)

鉱物のピアス

e0131432_17000730.jpg

アパタイトという鉱物。

原石そのままのフォルム。

ふたつとない、カタチ。




[PR]
by psyuxe | 2016-09-17 17:08 | オリジナルジュエリー     | Comments(0)

秋夜のコンサート

e0131432_17285937.jpg

秋のある日、家族で天王山 福嚴寺というお寺で行われるコンサートへ・・・

e0131432_17290805.jpg

素敵な歌声とフルート、様々な表情を見せるギターの演奏がとても心地良い。

虫たちの声や流れる水の音とのコラボレーション。

どこか遠くの街へ旅に出たくなる、そんな美しい演奏でした。



Monday満ちる Autumn Live 2016 in 福嚴寺




[PR]
by psyuxe | 2016-09-13 18:04 | 日常の些細なこと | Comments(0)

雨と月と観覧車

e0131432_10425158.jpg

夏休みのある日、刈谷ハイウェイオアシスで足湯(100円)に入っていたら、突然のゲリラ豪雨・・・

e0131432_10425820.jpg

5分前は、この通り。

満月も、あの小さな雲の向こうに、隠れていたらしい。

足湯に屋根があって、良かった。




[PR]
by psyuxe | 2016-09-08 10:53 | 日常の些細なこと | Comments(0)

e0131432_15224788.jpg

今回は夏休みの思い出『韓国旅行2016 景福宮 編』です。

e0131432_15225669.jpg

景福宮(キョンボックン)とは朝鮮時代の王宮で、夜間特別観覧の期間が年に4回あるのだそうです。

e0131432_15230701.jpg

外国人の当日チケットは比較的手に入りやすいそうです。

チケット売り場からは、残業している灯りが見えました。

e0131432_15232532.jpg

伝統衣装である「韓服」を着た人が沢山いました。

e0131432_15234467.jpg

いくつもの門をくぐっていきます。

e0131432_15235408.jpg

こちらは 勤政門(クンジョンムン)・・・かな?

e0131432_15240936.jpg

夜の中に、青いレーザービームと勤政殿(クンジョンジョン)が浮かびあがっています。

e0131432_15241595.jpg

沢山の人のため、写真を撮っている間、何度も迷子に・・・(オトナなのに)

e0131432_15242618.jpg

どうしてこういう色彩になったのか、興味があります。

e0131432_15245220.jpg

モダンなデザインで華やかな印象です。コスプレにも近いのかな?

e0131432_15250141.jpg

過去と現在が交差した風景です。

e0131432_15250887.jpg

青いレーザービームの下へ向かうと・・・

e0131432_15251567.jpg

伝統楽器による演奏が行われていました。ケルト音楽にも少し似た印象です。

e0131432_15253611.jpg

仏教芸術が百済より伝わった飛鳥時代に想いを馳せてみたり・・・
※(百済はもっとずっと南の方です)

いやいや、朝鮮時代といえば士大夫(サデブ)による儒教精神を反映した芸術様式が・・・
※(最近勉強したので言ってみたかったのです)

e0131432_15254350.jpg

夜も更けてきたので、光化門(クァンファムン)をくぐってタクシーを探し、

e0131432_15254972.jpg

ソウルタワーを眺めながらホテルへと帰りましたとさ☆



は!!

また、慶会楼(キョンフェル)を見逃してしまった(泣)
※(景福宮の敷地内にある池に囲まれた建物)




[PR]
by psyuxe | 2016-09-04 16:42 | | Comments(2)

ジュエリーデザイナーの日常と風景